自作捕獲器による、実録!モグラ退治!

我が庭における、自作モグラ退治マシーンを使った壮絶な戦いの記録(笑)。

G 半分ヤケクソ?!待ち伏せ作戦(その@)!!

2007年も4月〜5月と暖かくなるにしたがって、モグラも活発に動くようになります。

マシーン3号は微妙に毎日、仕掛け方を変えたりしても、毎日見破られる始末。毎日同じ場所(地面)をゴチャゴチャいじくって、踏んづけているにも関わらず、変わらず毎日同じコース(3号の真横をクランク(笑))を通りやがる!!

もうこの辺で、だんだんとブチギレてきました(笑)。

で、ちょっと作戦を変更。毎日通る場所を、野球などのグラウンド整備の”とんぼをかける”ように、キレイに平らにしておきます。

で、夜中の3時頃などに、犬の散歩がてらそこをチェックに行く。「・・・」まだ通ってない。」

朝の7時頃もう一度見に行く、「うぉ!通ってる!」・・・といようなことを、数日繰り返して、時間を絞っていくと(あぁ、なんてマメな、、、我ながら執念の作業・・・)。大体、夜が明けて

「地面がそろそろ暖まり始めたかな〜?」・・・というような時間に、動き出す(というかいつものポイントを通る)ことを突き止めた。夜明けから大体1時間が勝負!

 

・・・と、そこまで絞り込めたので、「・・・これは、待ち伏せで行けるんじゃないか?

・・・という気がしてきました。

待伏せして、ヤツが来たところを、頭上から一撃で。。。

そっちがゲリラ戦法なら、こっちもじゃい!!(???)

それまでは、、、正直言って、殺すのは忍びないと思っていた。

我が家にとっては害獣とは言えども、彼らには一切罪は無い。彼らは彼らなりに一生懸命生きているだけだ。

だから、できれば生け捕りにして、遠くの川原?にでも捨ててこようかと思っていた。ちなみに、モグラを飼うのは非常〜〜に難しいらしいのだが、ちょっと数日だけでも飼ってみたかったし・・・(笑)。

しかしやはり、The!野生動物・・・。そんな甘っちょろい考えでは、例えモグラ一匹とはいえども通用しない!ということをマザマザと思い知らされました。

そりゃそうですよね。彼らからしてみれば、地面に不意に出てしまった時のカラスの来襲や蛇の存在。夜にだって梟などの猛禽類が、音もなく忍び寄ってくる訳で・・・そんなリアルに弱肉強食の世界で、生き抜いているのですから・・・。

・・・・そうはいっても、やっぱり可愛そうだけど、、、 しかしやっぱり!可愛そうだけども、もう同情するのは止めました。じぃ〜〜っと待伏せ作戦して、地面が動いた時に、上からシャベルでそっこー攻撃!という作戦で行きます!

 

 

>次のページへ>

 


トップモグラ登場戦いを決意モグラマシーン1号登場!モグラマシーン1号の実力2号に行く前に
モグラマシーン2号登場!モグラマシーン2号の実力半分ヤケクソ?!待ち伏せ作戦!(その@)
半分ヤケクソ?!待ち伏せ作戦!(そのA)モグラマシ-ン3号登場!ハンドメイドのこだわり
モグラマシ-ン3号の実力長かった戦い・・・。新たな戦いが始まる・・・(サブタイトル:戦いは終わらない?(泣))
※当ホームページに掲載された文章、写真、画像など全ての情報の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2017 実録!モグラ退治!. All rights reserved.